ネズミの駆除と対策の心構え - ねずみ屋根裏の侵入対策方法

ネズミの駆除と対策の心構え

姿を見たらすぐに対処しなければならないのがネズミの駆除です。
早期の対策で被害の拡大を未然に防ぐことができ、たくさんのリスクから回避することができます。



対策を怠った場合の被害はいろいろと考えられますが、フンによる被害やダニやのみの繁殖、電気の配線などをかじられて配線が断線したりケースによっては火災に至ることも考えられます。
繁殖力の強いネズミはすぐに駆除を行わないと、取り返しのつかない事態に及ぶこともあります。
見かけるのはわずか数匹であっても実際にはその数が数十や数百にもなります。小さいからといって野生動物を甘く見ていると非常に深刻な状況に陥る恐れがあります。


早めの行動がネズミの駆除には大切になります。

手順や方法を間違えずに行うことが必要で、効果的とされる方法はすべて試してみるつもりで取り組むことが大事です。



ネズミは駆除後そのままごみとして処分することができます。

姿を見るのが嫌な人は捕獲用のかごやばね式のものは使用せずに、粘着シートタイプのものを使用すると捕獲後の姿を見るのを防ぐことができます。


壁際の小さな穴は通路になっている可能性もあり、行動範囲内であれば排泄物が散乱していることが考えられます。



屋内は隅々まで清掃が行き届くように心がけ、整理整頓や食べ物の後片付けなどに気をつけるようにします。

ネズミの駆除に最も大事なことは、住み着かれるような環境を作らずに放置しないことを心がけるべきです。