ねずみ屋根裏を住処にする訳と対処法

ねずみ屋根裏を住処にするようになったのは天敵である猫は飼われていれば室内にいることが多くなりましたし、最近の住宅は野良猫などが出入りできない構造になってきているためです。



室内の温度を一定に保ちやすくするため使用されている断熱材は巣を作るときの材料として適していて、わざわざ外から持ち込まなくてもよい点もあります。


人が住んでいる周囲はエサを確保しやすい環境でもあり室内にお菓子や野菜が放置されている、家庭菜園にある野菜やガーデニングで植えられている花を食べる、生ごみの一時保管や肥料にするためにためてあることや下水管への出入りのしやすさなど食べ物に困らない場所にとても近いこともねずみ屋根裏に居ついてしまう原因といえるでしょう。

早めに追い出さないと糞尿で家が傷んでしまったり悪臭や鳴き声に走りまわったりする音なども厄介ですし、ノミやダニに雑菌の繁殖による衛生面の心配もありますから、早めに退散してもらわなければなりません。追い出すためには燻煙剤の利用が便利ですが、設置するときには安全性の確保を行い適切な使用を行いましょう。



室内に頻繁に降りてくるようであれば粘着シートを設置して確保することも効果的ですが、ねずみ屋根裏にどれだけいるかわからないので1匹2匹捕まったからとやめてしまうのではなくしばらく設置を続ける必要があります。



いなくなったことを確信が持てる状態になったら、ねずみ屋根裏の巣があった場所を清掃し消毒を行い清潔に保つべきで、電気のケーブルや配管などがあった場合には噛み千切っていないか確認したほうが安心です。