ネズミ駆除を自分で行うには?

天井の方で何やら騒がしい音がする時は、ネズミがいる可能性が高いです。
ネズミは様々な菌を持っており、人間に様々な衛生的被害をもたらします。
さらに食べ物や家具、柱、コード類などが噛みちぎり、住まいに対しても悪い影響を及ぼします。

家の中にネズミが潜んでいる可能性があれば、すぐに駆除した方が良いのですが、専門の業者にお願いしなくても市販の商品を使って自力で駆除する方法もあります。


当然ながらプロに頼むよりコストを抑えられるメリットはあります。



駆除するための代表的なものとして、バネ式の罠やカゴ式の罠、粘着シート、毒餌などが挙げられます。



バネ式の罠は昔からお馴染みの方法ですが、バネで挟み込む圧力によってすぐに死んでしまいます。


設置は簡単で何度でも使えるという点が便利です。


一方のカゴ式の罠は生け捕りにする方法で、捕獲した後に自分で処理する必要があります。

粘着シートは通り道に設置して捕獲します。



安価ですが、こちらも捕獲した後に自分で処理しなければならず、確実に通り道に設置しなければ意味がありません。


そして毒餌は効果的な方法ですが、家に幼い子供がいる場合は誤って口にしないように注意する必要があります。

また見えない部分で死骸が残る事もあるので、自分で探さなければいけません。

このように自分でも手軽にネズミ駆除は出来ますが、1匹だけではなく集団で住み着いている場合はどんどん被害が拡大していくためプロに任せた方が安心です。


また効果が出るまで時間がかかるため、今すぐに何とかしたいという人には不向きです。

そしてもう一つ、生け捕りにするにしても死骸が残るにしても自分で片付けなければいけません。

ネズミの姿を見るのに抵抗がある人は最初から業者に任せた方が確実です。